スペンサー・ジョンソンが激安です

とても簡単な内容ですぐに読めてしまう話でした。これを読んでどう自分が意味を解釈するかですが、本当に八方塞がりになっている方は読んでみるのもいいかと思います。そして登場人物、物、場所はあらゆる物へ置き換えができます。

4月2日 オススメ商品!

2017年04月02日 ランキング上位商品↑

スペンサー・ジョンソンチーズはどこへ消えた? [ スペンサー・ジョンソン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

内容としては少ないです。大人向けの童話と言うところでしょうか?本編だけを考えると少し割高と感じました。小学生の頃に一度読んでみたのですが、小学生ですのでどんな話かすらも分からず、少し大人になってもう一度読もうと思い購入!今からわくわくです!随分前に流行った本だということだけど、お客様に勧められて買った本です。というよりは、今の時代だからこそ参考になるのかもしれません。上司に薦められて購入しました。自分と重ね合わせると・・・すごく考えさせられる内容でした。この物語はとてもシンプルです。いろいろな立場での危機管理能力を培うのにいいかも。ビジネスマン必読、というより、中・高校生ぐらいに読ませていろいろ考えさせたいですね。読むと今の自分の状況が見えてくると思います。「変化に対応する」ということの大切さを痛感できます。また1回読んで終わりというのではなく2回!3回読んでもその時によって得られるものがそれぞれあると思います。まだ半分呼んだところです。例えがうまくてすごくわかりやすかったです。さらっと読んでみて自分は誰に当てはまるだろう?と考えます。ブームに乗り遅れた感は否めないんですが、一気に読みました。人それぞれですが、考えさせられる本で、落ち込んだときに読みたくなります。(1時間ぐらいで読めてしまいます)人それぞれの気持ちの持ちようでいろいろ考えさせらる作品だと思います。貴重な一冊だと思います。仕事やプライベートで何か変化が欲しい方にはお奨めです。子供にも読ませましたがそれぞれ考されられることがあった様です。「迷路」チーズを追い求める場所。後は物語の節目にホーが書いた言葉!思ったことを改めて読み返してみると「今悩んでいること」の解決策が浮かんでくるかもしれません。それなのに目から鱗な内容に納得してしまい!読んで良かったなぁと思いました。バターはどこへ溶けた?とともに読んでください。ちょっと短いので物足りない気もします。どう生きるか…。仕事!家族!財産!健康!精神的な安定など。ゆっくり読んでも1時間で読めます。薄い本なので気軽に読めます。。会社!地域社会!家庭など。。前向きに考える元気がもらえます。ただ、いろいろ考えさせられます。登場人物が小人とネズミで4人いるのですが、世の中の人間の種類を4通りに分け表現していると思います。ちょっと古い本ですが、今でも参考になります。自分用に購入しましたが、今は家族に勧めて貸し出し中です。チーズをめぐる登場人物たちはそれぞれ役割が異なります。悩みのある人におすすめしたいです。10年ほど前に話題になった本で企業の研修に使われた本です。悩んでいて友達からすすめられました。ストリー的には読んでいてだいたい予想出来ました。果たして自分はどのタイプなのか?、今後どうしなければいけないのか?が読むと分かり、今後の生活に大きな刺激に刺激になると思います。短いですが、とてもためになる、考えさせられる本だと思います。。この本をなくしてしまったので!再購入です。この文量でこの価格は高い!と最初は思いました。数年前すごく流行っていましたね。ある経済誌で「危機管理」の必読書とされていたので、試しに購入しました。「チーズ」人生で求めるもの。